童貞が使うべきはマッチングアプリ?それとも出会い系?

なんとかしてこの状況を打破しなきゃいけない。

そういった危機感をいだく時って、ある日突然、訪れます。

あなたも、感じているんではないでしょうか?

いい加減10代の多感な時期も過ぎたのに、いまだに童貞だということに、危機感を覚え始めたのでは?

長らく童貞期間が長かったあなたでも、童貞を卒業してやろう! と決意ができたのなら、もう大丈夫です。

童貞卒業方法として、僕がおすすめしたいのが、ネットの出会いを利用した方法です。

しかし、今じゃネットでの出会いもかなり多様化してきていますよね。

ネットでの出会いは、大きく分けてマッチングアプリと出会い系サイトの2つに分かれます。

いざ、童貞をネットでの出会いで卒業するぞ、とい意気込んでも迷うのが、マッチングアプリと出会い系サイト、どちらを利用するのか、ということ。

そこで、今回は実際に童貞卒業という目的には出会い系サイトとマッチングアプリ、どちらの利用がより適しているのか、比較してみました。

童貞を卒業しようと心に決め、ネットでの出会いにも臆さない勇気がでた、あなたのために。

ふさわしい方法はどちらなのか、ご紹介します。

ネットナンパなら童貞は卒業しやすい

ネットでの出会いは童貞を卒業しやすいそもそも、ネットナンパを童貞卒業方法に選んだあなたは、もはや勝ち組と言えます。

なぜなら、ネットナンパが最も童貞を簡単の卒業できる方法だからです。

現在、様々なネットでの出会いがあふれています。

最近ではネットでの出会いから夫婦になった人たちも決して少なくありません。

ただ、当然、ネットでの出会いは危険、後ろめたいものだ、というイメージを持っている人たちも存在します。

だから、大きな声でどこで出会ったのかをみんな正直に話さないだけ。

実際は今やネットでの出会いなんて、めずらしくもなんともないんです。

世の中のカップルや夫婦の中で「実際に出会った場所は、実はネットです」という人たち、多いですよ。

ネット経由で知り合うと、結果的に付き合いがうまくいくのはなぜなのか。

その理由は、お互い顔を知らないままで、コミュニケーションを取り始めるので、変な偏見が出会い要素にないからです。

実は、このネットでの出会いの特徴は、童貞卒業のための出会いにも非常に有効的なんです。

次は、出会い系自体が童貞を卒業するために以下に適しているのか説明します。

なぜマッチングアプリや出会い系は童貞にオススメなのか?

ネットでの出会いはなぜおすすめなのか

どうしてマッチングアプリや出会い系は、他ならぬ童貞におすすめな出会い方法なのか。

自信皆無の童貞でも、実際に女性と知り合え、体の関係をもって童貞卒業まで可能となるのはなぜなのか。

童貞にとってありがたい、マッチングアプリや出会い系サイトなどのネットでの出会いのメリットをご紹介します。

何度でも失敗できる・挑戦できる

童貞が、いざ、童貞を捨てようと思って、実際にさまざまなアクションをとるときに、絶対に必要となってくる力はなんだと思いますか?

それは、諦めない力です。

童貞なのだから、始めはうまくいかなくて当然なんです。

成功体験がないから、童貞卒業というゴールまでの道のりが長くなってしまうのもしょうがない。

未経験のことにチャレンジしているんです。

誰だって始めは、やったことないことはできませんから。

しかし、このとき「もう無理だ…」と諦めてしまったら、本当に童貞卒業は不可能になってしまうんです。

スラムダンクの安西先生ではありませんが、まさに「諦めたらそこで試合終了」なわけです。

諦めたらそこで試合終了だよ

逆に言えば、一度でも成功して、ゴールまでの道のりを経験しさえすれば、あとは簡単。

経験を重ねれば重ねるほど、女性の扱いもうまくなっていきます。

マッチングアプリや出会い系サイトを利用した、ネットでの出会いは、物理的にも金銭的にも童貞に非常に優しいです。

実際に一人の女性とネットで知り合い、メールを重ねたとします。

すると、突如女性から返信が来なくなった。

でも、そこで大きな深手をおうことはないですよね。

だって、そのサイトにはいくらでも女性会員が存在しているんです。

一人だめだったからといって、落ち込む必要もないわけです。

次の人を探せばいいのですから。

それに、こういった駄目だったら次の女性、というやり方も、ネットでの出会いなら安心。

お金は月額費やメールした分のポイントしかかかりません。

長い道のり

これがもしリアルでのナンパだったら…。

一人の女性のナンパに成功して食事に行くまで2〜3時間。

それから食事をおごるわけですから、あっという間に5,000円以上はふっとびます。

さらに、1時間ほど食事をした後、「おごってくれてありがとうね」と口にして、さっさと女性が目の前から去ってしまうこともありえるわけです。

現実でのナンパから童貞を卒業するまでの道のりは、果てしない時間と途方もない金額の消費が見込めます…。

それに比べたら、いつでもどこでもメールでコミュニケーションが取れるネットでの出会いは、かなりコスパが良いことは間違いないです。

仮にうまくかなくなっても、次の女性はすぐに現れるから精神的にも非常に楽で、「次にいこう!」と前を向きやすいんです。

この、前の向きやすさ、挑戦への継続のしやすさが、童貞卒業の鍵になるわけです。

ネットでの出会いは童貞だからこそふさわしい出会い方法なんです。

素人女性と気軽に出会える

素人女性と気軽に会える

ネットでの出会いの場合、一度挫折しても次に進みやすいと、すでに書きました。

その理由は、うまくいかなくても浅い傷で済むからです。

そして、もう一つ、女性会員が多いから相手に困ることが少ないとも書きました。

実は、女性会員が多いということは、素人女性の人数も多いことになるんです。

ずばり、童貞卒業のためにあなたが狙うべき女性は、素人女性。

ネットの出会いとなると、あらゆる女性会員がいます。

たとえば、キャッシュバッカーや業者の女性です。

  • キャッシュバッカー…出会い系サイトを利用することでポイントを貯めることが目的としている女性。
  • 業者…キャバクラの営業や悪きり目的で利用している女性。

したがって、もし、「この人業者か?」思った場合は即刻無視。

次の女性…素人女性を探すのが一番です。

素人女性であれば、純粋にネットで男性と割り切った関係を求めている場合が多いです。

  • 「ただ単純に暇で男性と食事を楽しみたい」
  • 「体だけの関係がほしい」

そういった、大きな声で言えないような理由で男性と知り合いたいからこそ、ネットでの出会いを利用しているんです。

素人女性と出会える場所、それがネットでの出会いです。

ネットでの出会いのコミュニケーショ方法はメールだけ。

自信があるかないかは、ネットでの出会いではさほど大きな問題ではありません。

誰でも自分の好きなタイプでかつ、理想的な年齢の素人女性と簡単に出会えるのが、ネットでの出会いの醍醐味なわけです。

出会いのスキルは今後も応用しやすい

実は、ネットでの出会いのスキルは、あなたの今後にも大きく役立ちます。

具体的には、ネットで出会うと以下のスキルが身につきます。

  • 自己PR力がつく
  • 相手のニーズを読む取る力がつく
  • 危機管理能力がつく

自己PR

自己PR

自己PR力とは、自分という商品を相手に売り出す力のこと。

たとえば、電気屋さんで洗濯機がほしいとします。

たくさんの種類の洗濯機がある中で、いったいどの洗濯機がほしいのか、悩みますよね。

そういうとき、他と違ってこの洗濯機はどういった点が素晴らしいのか、商品説明を読むはずです。

多種多様な洗濯機が男性、お客さんが女性、洗濯機のこの商品説明が、サイトに載せるあなたのプロフィールなんです。

顔も素性もわからないネットでの出会いだからこそ、女性は相手男性のプロフィールをよく読んで、どんな人なのか知ろうとします。

女性からメールの返事をもらうために良いプロフィールを書く力は必須のもの。

プロフィールでいかに自分が信頼でき、魅力的な男性であるのかを表現できるかが、ネットでの出会いがうまくいくかの鍵なんです。

良いプロフィール文を書けるようになると、格段にメールできる女性の数が増えていきます。

その力はそのまま会社でのプレゼン資料や営業力、就活中なら相手に読まれる履歴書を書く力にそのまま繋がります。

相手のニーズを読み取る力

相手のニーズを読み取る力

次に、相手のニーズを読み取る力とは、ネットでの出会いの場合、女性とのメールのやり取りで養うことができます。

お互い相手をよく知らないままでコミュニケーションが始まるので、相手がどんな人なのか、不安はとても大きいものです。

特に女性は警戒心が強い生き物なので、男性よりはるかにメール内容に気を使うし、返信の文面も気をつけて読んでいます。

メールでのコミュニケーションを積み重ねることで相手から勝ち取りたいもの…。

それはずばり、信頼です。

信頼されてこそ、メールでのやり取りから、実際に会ってデートするというところまでいけるわけです。

実際に会って、食事をして、さらには体の関係まで…となると、相当な信頼が必要なことは確かです。

しかし、少しずつ相手のニーズを読み取る力がを磨いていけば、誰でも必ずその境地へたどり着くことができます。

そうして得た「相手のニーズを読む取る力」は、すなわち、「相手がしてほしいことをする力」、「相手が言ってほしいことを言う力」でもあります。

これらは、そのまま「雑談術」、「営業術」、「交渉術」のベースとなり、今まで以上に良好に対人関係を築くことができるようになるんです。

仕事ができる男性はモテるイメージがありますが、それもあながち間違ってはいないということですね。

危機管理能力に備える力

危機管理能力に備える力

危機管理能力がどうしてネットでの出会いで身につくのか。

ネットでの出会いは、業者やキャッシュバッカーに騙される危険性もはらんでいます。

顔や素性がわからない同士の出会いだから、そういった女性がまぎれこんでいること…こればかりはしょうがないです。

ただ、ネットでの出会いを経験するにしたがって、業者やキャッシュバッカーと素人女性との見分け方が、だんだん身についてくるんです。

ネットでの出会いの経験を積めば積むほど、メールの内容から「あれ、なんかおかしい気がする…」と嗅覚がきいてきます。

こういった危機管理能力が高まると、日常生活でもトラブルを回避する力や、トラブルが置きてしまう場合に備える力が身につきます。

仕事にトラブルはつきものですよね。

ネットでの出会いで危機管理能力が身につくことで、実生活で役立つトラブルを回避する力、対処する力を身につけることができます。

 

マッチングアプリと出会い系サイトとの比較

表で比較してみる

以上、マッチングアプリや出会い系など、ネットでの出会いこそ童貞にはおすすめだという話でした。

さて、前提はここまで。

では、マッチングアプリと出会い系サイト、実際に比較してみましょう。

  マッチングアプリ 出会い系サイト
目的 恋活、婚活 なんでもあり
費用 月額制(¥3,000〜¥4,000/月) ポイント制
Facebook登録 必須 なし
女性会員人数 100万〜700万人  500万〜1000万人

この表を見れば、童貞の場合は出会い系サイトを利用したほうが効率が良いことがわかります。

目的

女性のネットでの出会い目的

まず目的ですが、「メール→実際に会う→体の関係」までスムーズにもっていくのに必要なこと、それは需要と供給の一致です。

すなわち、男女両方がお互いに「体目的のワリカン」という認識があってこそ、最後までトラブルなくいけるんです。

マッチングアプリだと、ほとんどの女性が婚活や恋活など、真面目なお付き合いを希望して出会いを探しています。

だから、実際に出会うまでにメールのやり取りをする期間も長い。

会って食事デートも何度もしないと、実際に体の関係までたどりつきません。

なにより、こちらは婚活恋活目的ではないのに、マッチングアプリを利用すると、そういった女性を騙すような形になってしまいます。

そんなふうになるのは、こちらとしても望んでいませんよね?

出会い系サイトであれば、自分と同じ目的をもった人が多いので、実際に会って体の関係までいくのもスムーズに進むんです。

費用

費用

費用も、マッチングアプリだと成果に関わらず毎月一定料金が引き落とされてしまいます。

へたしたら、誰ともメールのやり取りができていないのに、毎月お金だけ消えていくこともありえます。

その点、出会い系なら、出会い系サイトを利用した分だけポイント制でかかってくるので、安心ですよね。

プロフィールを見る、メールの返事を送る、など、その都度お金がかかってきますが、どれも1回10円未満で済みます。

コストパフォーマンスを考えると、出会い系が圧倒的に有利です。

 

Facebook登録

Facebook登録

実は、マッチングアプリでは会員登録時にFacebook登録を義務付けているものがほとんどです。

安全安心に出会いを楽しんでもらいたいための、運営側の配慮です。

しかも、Facebook登録すればよいだけではなく、友達が○人以上いないと登録できないことが多いです。

正直、Facebook登録なんて、ただ童貞を卒業したくて出会いたい場合には必要のないものですよね…。

変にいろいろ登録するのは、意外と面倒くさいものです。

あとで解約や退会する場合の手間にもなります。

したがって童貞には、出会い系サイトが後腐れなくできてぴったりなんです。

女性会員数

女性会員数

最後に女性会員の数。

これはサイトにも変わってきますが、出会い系サイトのほうが女性会員数は多いです。

当然、会員数は多ければ多いほど、実際に出会える確率も高くなります!

出会い系サイトは特に、毎日新規入会の女性会員も大勢います。

したがって、童貞がいつ利用しても出会いのチャンスは山ほどあるんです。

特に、連休前や休み前に出会い系の新規女性会員入会数はぐっと増えます。

会いたい時間帯や日付が決まっている女性が多いので、実際に出会えるところまでたどりつくのが早いんですよ。

童貞にはマッチングアプリと出会い系のどっちがオススメ?

以上の理由から、童貞を卒業したいあなたは、出会い系サイトの利用が断然おすすめです!

実は、僕も出会い系サイトで童貞を卒業できた身です。

実際に童貞を出会い系サイトで卒業できた僕だからこそ、童貞卒業を目指すなら、まずは出会い系サイトに登録しろ! と大きな声で言いたいです。

出会い系サイトに登録している女性は、現実で大きな声で出会いを求めることができないからこそ、出会い系サイトに登録している場合がそこそこあります。

たとえば、人妻であったり、すでに恋人がいる身であったり…。

単純に、エッチなことが好きで、気軽に体の関係を楽しみたい女性も大勢います。

人には大きな声で言えないけれど、誰かと会いたい…だからこそ、出会い系サイトにこっそり登録している女性が多いんです。

そういった女性だから、メールで信頼さえ勝ち取れば、実際に会ってから、ワンナイトするまでの時間も短いです。

すでに書きましたが、いちばん大事なのは需要と供給の一致です。

誰かとエッチなことがしたい! と思っている女性なら、童貞でも喜ばれる可能性すらあります。
(筆下ろしがしたいという女性も一定数いますからね…。)

ネットでの出会いで童貞を捨てたいなら、会員になるべきなのは、出会い系サイトの会員、一択です。

まとめ

まとめ

以上、童貞を捨てるのであれば、出会い系サイトなのか、マッチングアプリなのか、というお話でした。

結論は、童貞を捨てたいあなたが会員登録すべきサイトは、出会い系サイトです。

僕自身、28歳で出会い系サイトのハッピーメールに登録しました。

いい加減、30歳までに童貞を卒業しないとやばい、と焦ったからです。

しかし、こんな駆け出しが遅い僕でも、4年間で30人近い女性と体の関係を楽しむことができました。

すべて、出会い系サイトで出会った女性です。

おかげで女性慣れもしたし、すでに書いたとおり自己PR力や相手のニーズを読み取る力もつきました。

そのおかげか、ネットではなく現実の街コンや合コン、イベントなども楽しめるようになりました。

28歳まで童貞で、いじいじと思い悩んでいた僕でも、できたんです。

童貞を卒業したいと心に決めた人であれば、誰でも出会い系で簡単に童貞卒業は可能です。

今、最も会員同士の動きが早い出会い系サイトはPCMAXです。

慣れればすぐに使いこなせるようになるので、ぜひ、一度、PCMAXで可愛い女性との出会いを楽しんでくださいね。