童貞を捨てるファーストステップは女友達を作ること

突然ですが、あなたには女友達はいますか? 

誰か女性の顔を思い浮かべることができますか?

いや女友達はちょっと思い浮かばない…というあなた。

もしもあなたが童貞なら、これが解決の糸口になるかもしれません。

つまり、彼女を作るんではなくて、女友達をつくるんです。

「童貞卒業のためにセックスの相手となる女性を見つける」

こうと書くと難易度が高いです。

そうではなくて、

「まずは女友達をつくってみよう」

そう言われたら、それならできそうだと思えませんか?

実は、女友達からつくろうという考え方、童貞を捨てる上でとても大事な考え方なんです。

今回はどうして女友達をつくることが童貞卒業への近道になるのか、説明します。

 

なぜ童貞は女友達をつくるべきなのか?

どうして女友達をつくることが、童貞卒業に通じるのか。
女友達をつくろうと努力すると、どんな変化が現れるのか、大きく3つに分けて 紹介します。

女心がわかるようになる

まず、女友達をつくろうとすると、女心がわかるようになります

なぜなら、女心がわからないというのは、ほとんどの場合、女性と日常的に接していないから起こる問題だからです。

女友達をつくろうとすると、友だちなのだから、相手のことを思いやったり、相手の気持ちを想像しようとするのは当然ですよね。

友だちという大事な人なのだから、できる限り相手に寄り添って考えるはず。

友だちに男も女もありませんからね。

この、女性に寄り添って考える、ということが大事なんです。

女友達が日常的にそばにいれば、それだけ日常的に女性の気持ちに寄り添って考える機会が増えることになります。

ということは。

女友達がいれば、自然と女性の気持ち、女心がわかるようになるんです。

同様に、実は、一般的に姉や妹がいる男性のほうが女性の気持ちがわかりやすいと言われています。

年の近い異性が日常的にそばにいる。

だからこそ、女性の気持ちに自然と理解が及びやすい思考回路となるんです。

振り返ってみれば、姉や妹がいる男友達はなんとなくモテている機会が多かった気がしませんか?
また、男性校出身よりも、共学出身のほうが、女性の扱いがうまいイメージってありませんか?

身の回りに女性がいる生活って、実は女性の扱いをわきまえる上で、すごく大事なことなんです。

「童貞を卒業したい、彼女がほしい…」

そういった気持があるなら、彼女をゲットするために、まずは女心をわかるようになりましょう。
そのために、女友達をつくるところから始めるんです。

そうすれば、いざ、好きな女性ができたときに必ず彼女としてモノにできるはず。

女心さえわかればこっちのものです。

女性への偏見や恐怖心がなくなる

童貞の場合、女友達すらいないと、女性をなんとなく未知の生物のように思っているふしがあります。

性差があるだけで同じ人間なのに、どうしてそうなってしまうのか。

その理由は相手が女性というだけで、自分を童貞という惨めな状況に追いやっている原因だと見てしまうんです。

当然、自分が童貞だとしても、その原因は目の前にいる女性のせいではありません。

それなのに、女性というだけで苦手意識ができてしまうと、だんだんと冷静に判断ができなくなってくるんです。

「自分が童貞なのは、女性が原因…ということは、この人も女性だし…」

このような雑な考え方になってしまう。

その結果、女性に対してもっと苦手意識を感じてしまうようになります。

「よくわからない女性が怖い」
「女性は全員、裏で何言ってるかわからない信用できないやつ」

そんなふうに女性を偏見と恐怖の目で見てしまっては、童貞卒業は一生不可能です。
少なくとも、童貞を卒業する相手のことは多少は信用できないと、体の関係をもつどころではないですからね。

女友達をつくることで、まずは男女関係なく、友だちというフラットな見方をすることができるようになります。

女性を信用する、女性に心を開く練習をするために、女友達をつくることはもってこいなんです。

自分にあった女性を紹介される可能性も・・・

また、女友達をもつと、自分の価値観が変わるだけでなく、もう1つメリットもあります。

それが、友だちになった女性から、いい人を紹介してもらえる、というもの。

女性と友だちになることができれば、女性同士の情報も仕入れることができるし、自分の情報を女性グループに流すことも可能です。

つまり、女友達に彼女募集中だと伝えておけば、自分に合った女性をうまいこと見つけてきてくれることだってあるんです。

基本的に同性の仲間にしか恋愛相談ってしないんですよね。
そのほうが自分の悩みをわかってもらえるのだから、当然なのですが。

でも、それじゃあ、彼女を作るには自分自身が女性側のグループのドアにノックするしかありません。

でも、女友達がいれば。
彼女がうまいこと伝言役になってくれるんです。

しかも、伝言役をしてくれる人は、女性だけど、気持ちが通じている友だとです。

つまり、ある程度、自分の性格や特徴をわかってくれています。

だからこそ、自分で探すよりも効率よく自分に合った女性を紹介してくれることが可能なんです。

女友達をつくれば、それだけで彼女候補まで紹介してくれる。

これってかなりいたれりつくせりですよね。

女友達が一人もいないという場合は、今すぐ女友達をなんとしてもつくっておくべきです。

女性に慣れれば大きく踏み出しやすい

女友達をつくれば、女性慣れできる。
それだけでなく、自分に合った女性を紹介してくれる可能性もある。

ここまでお話しました。

実際、女性に慣れるだけでも、あらゆることが変わってきます。

今まで女性と知り合うきっかけやイベント…街コンや合コンも、友人に誘われても断った経験があるのでは?

断った理由は「行ってもどうせうまくいきっこないから」という思い込みがあるからです。

「童貞を捨てるためには女性と出会わないとどうしようもない」
「でも女性と話すと緊張するから、そういった出会いの場に行けない…」

そんな現状を打破するための有効な解決策が、女性に慣れることなんです。

実際、女性に慣れれば、気が向いたときにいつでも女性と出会えるようになります。

自分の都合に合わせていつでも女性と会える方法。
それが出会い系サイトの利用や、居酒屋や路上でのナンパです。

特に、女性慣れができれば、出会い系サイトの利用は本当に便利です。

自分の外見関係なく、誰でも簡単に女性と実際に会えるようになれますから。
僕も出会い系サイトのハッピーメールで童貞卒業できて以来、ずっと出会い系サイトは愛用しています。

使い始めたばかりの頃は、なかなかうまくきませんでした。
出会い系サイトを利用すること自体にも慣れなかったし、女性慣れもしていなかったので…。

でも、今では、明日の夜暇だなあ〜と思って出会い系サイトを利用すると、たいていうまいこと女性と出会えています。

今一番利用しているのはPCMAXです。

いろいろやりこんでみましたが、童貞にはPCMAXが一番おすすめです。

出会い系サイトを利用するには、女性と上手に会話するコミュニケーション能力は必要です。

つまり、女性と近づきたいのであれば、まずは女性慣れすることは必須なんです。

女友達とヤレる可能性も0ではない

また、女性慣れするために女友達をつくった結果、その女友達と体の関係をもててしまう可能性だってあります

女性にだって性欲はあるんです。
当然、男性よりは性欲は少ないし、性欲が強い女性、弱い女性と多種多様ですが…。

要は、その女友達の「ちょっと寂しいなあ」「誰かとセックスしたいなあ」と思うタイミングに自分がいればいいんです。

女性だって、ムラっときたときに相手がいないと我慢するしかありません。
女性は警戒心の強い生き物です。
ムラっとしたからといって、誰でもいいから相手を探す、ということは基本的にしません。
自分が体を預けて大丈夫な相手か、信頼できる人なのか。

そういったことを見極めることができたら、女性でも、恋人ではない人ともセックスをすることがあるんです。

その証拠に、出会い系サイトでは実際、ワンナイト希望の女性なんて山のようにいますからね…。

女性もセックスがしたい。
でも信頼できる人でないと無理。

そういったとき、男友達というのは、女性から見ても非常に便利なんです。

当然、友情に亀裂が入るのも嫌だし、後味が悪くなるのも避けたい。
したがって、セックスに誘うタイミングを見計らうのが大変ではありますが…。

夜、友達として一緒に食事をして、飲み足りないのを理由に、2人でバーへ。
それから、遊び足りないからカラオケ、そこで、ちょっとスキンシップをはかってみてください。
酔ったふりをして、頭をなでてあげたり、手を握ったり。
可愛いよね、と伝えてみたり。

そこまでして嫌がられなければ、お互いお酒も入っているし、ホテルへ行ってしまって大丈夫でしょう。

女友達なら、友達だし、あなたが童貞と知った上でセックスしてくれるはずですよ。
変に力を入れずに初めてのセックスに臨めるのも大きなメリットです。

ただ、体の関係をもったあとも良好な友達関係を維持するために気をつけることもあります。

たとえば、セックス前と後で態度を変えるのは絶対にやめましょう。

お互い体目的だったとしても、あからさまにそういった態度を取ると女性に対して失礼です。

あくまで、友達なんだけど、すごく魅力的だった、ということが伝わる態度や言葉選びをすることが大事です。

まとめ

以上、女友達をつくることは童貞を捨てるためのファーストステップだというお話でした。

「身の回りに女性が一切いない」

「日常的に会話する女性は自分の母親くらい…」

そんな人ほど、女友達をつくると、世界が変わるはずです。

長く女性と接していなかったせいで、思ったよりも女性に対して苦手意識をもってしまっているはずですから。

女性が苦手だなあと思ってしまうと、どんどん童貞卒業からは離れていきます。

それどころか、ただの童貞ではなく、こじらせ童貞に着実に近づいてしまいます。

童貞をこじらせると、ますます童貞から抜け出せなくなるという悪循環が起きますよ。

自分で負の連鎖を断ち切って、童貞を卒業するためにも。

まずは女友達をつくってみよう、という思考回路になってみることをおすすめします。

>> 気軽に女友達をつくるなら安全なPCMAX